クモの乾燥標本作成:アオオニグモ - るりおかかの気まぐれブログ
fc2ブログ
2022/04/11

クモの乾燥標本作成:アオオニグモ

今日は、アオオニグモの乾燥標本を作成しました。
このクモは因縁の相手です。非常に難しいけど、出来なくはない・・・多分。
今日は心身ともにいい感じ。そんな気がします。
上手く出来るかも!



作成手順
@クモを無水エタノールに5分ほど入れて絞める。これは、絞めると同時に、体内に潜む寄生虫の殺虫(せっかく作成した乾燥標本が寄生虫によって喰い破られたことがしばしばあったので重要!)および乾燥時の足部の潰れを防ぐ効果がある。
@胸部と腹部の接合部を切断

@胸部を水に浸けること3時間。時々水を取り替える。これによって、エタノールから水へ置換。

@腹部をホルマリンに浸けること2時間。切断部から出る体液の流出を止めることが狙い。
@腹部を無水エタノールに浸けること1時間。時々エタノールを交換する。ホルマリンからエタノールへ置換。
@腹部・無水エタノールが入った容器ごと湯煎すること1分。これで固定される。これ以上長く湯煎すると、さらに強固に固定されるが、そうなるとその後の作業が厄介になるので、1分がベスト。
@腹部を取り出し、腹部の裏側に十字の切れ目を入れる。
@切れ目からピンセット等で内臓を慎重に取り出す。
@腹部の内部を水洗いする。
@空っぽになった腹部に細かくちぎったティッシュペーパーをパンパンになるまで詰め込む。

@胸部(纏足してから)・腹部を乾燥
@胸部と腹部を接着剤で繋げて完成



クモの乾燥標本:アオオニグモ
試しに繋げてみた(接着剤は使っていない)。アオオニグモでここまでこれたのは初めてです。あとは乾燥させたらどのように変色するかです。
何だかうまくいきそうな予感。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


メンタルヘルスランキング

    ↑
ポチットしていただけるととても励みになります
お願いしますm(_ _)m


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント